サプリメントの必要性

サプリメントの必要性を種類別に紹介するサイトです。 - 赤血球作りには葉酸

赤血球作りには葉酸

葉酸はたんぱく質の生成や合成に関わっています。当然、コラーゲン繊維にも関わっていますので、肌に弾力を与えてくれる効果が期待できるということです。
ちなみに、葉酸が不足すると口内炎や食欲不振、下痢、顔色が悪くなるなど、様々な症状を引き起こすようです。
顔色が悪くなるという症状については、赤血球の合成が深く関わっているからだと思いますが、美容面から見ると潤った肌を維持できずに、顔色が悪く見えるということでもあると思います。
また、顔色が悪く見える要因のひとつであると思われる貧血について少し触れておくと、疲れやすいときにも同様ですが、葉酸とビタミンB12というコンビで摂取すると非常に効果的です。
赤血球を形成するときに葉酸とビタミンB12のどちらかが不足すると、十分に作用しないとのことがあります。そこで葉酸は、たんぱく質の新陳代謝を良好にし、血液を作りますのでコラーゲン繊維や周辺細胞の活性化により潤った肌にしてくれるようです。
それから、水分や栄養を運ぶ軟骨成分コンドロイチンと連携して血液から水分や栄養を肌の細胞に送り込んでくれるという、美肌にとってなくてはならない成分ということがわかります。

Copyright(C)2012 nomentira.com All Rights Reserved.